• 良質の睡眠で成長ホルモンを促し美白効果

    白く透き通るような美しい肌は女性の憧れであり、多くの女性が美白成分の入った化粧品を使用しています。

    しかし、どんなに高価な化粧品を使用しても、あまり効果が得られないという人は、美白効果を高める睡眠方法に目を向けてみてはいかがでしょう。

    銀座で満足の脱毛のことなら、こちらをご参考にしてください。

    睡眠と美肌が密接にかかわっていることは知られています。
    お肌のゴールデンタイムと呼ばれている、22時から2時の間に就寝すると、成長ホルモンがたくさん分泌され、新陳代謝を活発にし、肌細胞の生成を促すからです。

    肌のターンオーバーも正常化され、シミやくすみの原因である、メラニンの沈着や古い角質を、新しい肌細胞を再生させて剥がしていきます。睡眠は、ただ眠ればよいというのではなく、熟睡していることが重要となります。



    しかし、22時に熟睡するというのは、働く女性や、主婦にとっては、なかなか実現しにくいものです。
    そのため、時間にはこだわらず、しっかりと熟睡することを目標にするのが現実的です。



    成長ホルモンは、入眠してから3時間から4時間後に分泌されるため、最低でも、5時間以上の睡眠時間をキープすることが大切になります。
    このようにして、成長ホルモンの分泌を促したうえで、美白成分の配合された化粧品を使用すると、相乗効果により、より高い美白効果を実感することが出来るでしょう。


    天然の美容液とも言われるほど、高い美肌効果を持つ成長ホルモンは、眠るだけで得られる無料の美容液なので、有効に活用するのがベストです。